忍者ブログ 生命保険
[1] [2] [3] [4] [5] [6]

DATE : 2017/04/27 (Thu)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


DATE : 2008/06/20 (Fri)
共働き夫婦が生命保険に加入するときのポイントはどこにあるのでしょうか。
共働き夫婦における生命保険の基本的な考え方は、独身時代と同じでいいようです。
妻にある程度の収入がある場合、夫の死亡保障を厚くする必要もないようです。
夫、妻の両方とも終身保険に加入して老後の資金に対する備えをするとともに、医療保険に加入してケガや病気に備えるのです。
子どもがいる家庭では、子どもの小さい一定期間は、それぞれが定期保険に加入して保障額を厚くしておいたほうがいいかもしれません。

必要以上の保険に加入して高額は保険料を支払うよりも、保険料を最低限に抑えて、貯蓄額を増やしたほうがいいと思います。
介護保険や個人年金保険などは若い共働き夫婦にはあまり関係のない保険となってきます。
このような保険は老後が近づいてきてから加入しても遅くはないですし、貯蓄額が十分にあれば、それを老後資金に充ててもいいと思います。 


保険料が割安と言われている保険に「夫婦連生終身保険」というものがあります。
この保険には3種類のものがあります。
まず、夫婦どちらかが死亡したときに保険金が支払われるタイプです。
そして、夫婦どちらかが死亡すると保険料が支払われますが、そこで保険契約が消滅するタイプもあります。
また、夫婦どちらかが死亡しても保険金か支払われずに、もう一方が死亡したときに初めて保険金が支払われるタイプもあります。
どれも保険料が安いといことではないようですので、選択する時は注意が必要です。
PR
忍者ブログ [PR]