忍者ブログ 生命保険
[11] [12] [9] [22] [5] [6] [2] [23] [24] [26] [4]

DATE : 2017/06/25 (Sun)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


DATE : 2008/05/09 (Fri)
生命保険の保障内容を変更する際、保険期間中に保障額を減額することを中途減額といいます。
中途減額は、生命保険の会社によって異なりますが加入後1年から2年くらい経ってから保障額を減額する方法で、更新時でなくても減額することができます。
現在加入している生命保険に一部を解約し、保障される金額を減らすという方法です。
保障金額を減らすことにより、毎月の保険料を抑えることができるのです。
保険料の負担が家計的に大きかったり、死亡保障が厚すぎたりした時にこの方法と使用しましょう。
定期付き終身保険を中途減額する場合は、定期保険である特約部分を解約や減額したりして主契約である終身保険は残すようにしましょう。 

死亡保険を減額する場合、保険の種類や生命保険会社によって定められている最低加入限度額に注意しなければなりません。
なぜなら、最低加入限度額を超えてしまうような減額はできない仕組みになっているからです。
また、定期保険や終身保険を減額してしまうと、特約として追加されている医療関係の保険も減額されてしまうこともあるため注意したいものです。
しかし、入院保険が8000円から5000円に減額されてしまったとしても、健康保険などの公的な医療保険のことを考慮すれば、リスクへの対策としては十分であると思います。
この時、医療保険を充実させたければ、単体の医療保険に加入することを検討してみてはどうでしょうか。

ガン保険など、心配される病気に限定して保障をつけるという方法もあります。
このような方法であれば、毎月の保険料は低く抑えることができます。
PR
忍者ブログ [PR]