忍者ブログ 生命保険
[29] [30] [3] [13] [14] [15] [16] [19] [17] [18] [10]

DATE : 2017/10/18 (Wed)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


DATE : 2008/06/10 (Tue)
子供が誕生したら、子供の教育費用のことも考えなくてはなりません。
また、この頃になれば住宅ローンを抱えている人も多いのではないでしょうか。
このように、教育費用や住宅ローンなどが家計に大きな負担をかけてきます。
そのため、生命保険を見直すことが必要になってきます。
生命保険においては日々の生活に支障をきたさない保険料で、各家庭に合った保障を得ることが必要となってくるのです。
子供が誕生して、将来独立するまでの間の保障は定期保険で増額することをお勧めします。
どのくらいの保障額を増額するのかは、子供の進路によっても異なってきますが、一人あたり1500万円の増額が目安と言われています。 

また、妻が家計の一部を負担しているのであれば、その所得分も定期保険に加入しておきましょう。
子供が生まれてからの生命保険の基本形は、独身時代に加入した終身保険と医療保険に定期保険を上乗せした形となります。
定期付き終身保険を選択する方法もありますが、将来見直しが自由に行うことができるかどうか、あらかじめ確認しておくことが必要になります。
終身保険と定期保険を単体で組み合わせておけば、将来のライフスタイルの変化に合わせて自由に見直しができるので、こちらのほうがいいでしょう。

子供の教育費用を貯蓄するために、こども保険や学資保険なども多く利用されています。
しかし、金利が低いため、長期間にわたって低金利で資金を長期間にわたって固定してしまうのは不利であるという考えもあります。
このような考え方であれば、子供に対する貯蓄は保険以外の方法を考えたほうがいいかもしれません。
PR
忍者ブログ [PR]