忍者ブログ 生命保険
[25] [29] [30] [3] [13] [14] [15] [16] [19] [17] [18]

DATE : 2017/10/18 (Wed)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


DATE : 2008/06/15 (Sun)
子どもは親に扶養されていますので、生命保険として死亡保険に加入する必要はないと思います。
小さな子どもがいる家庭では、子どもを扶養する親の生命保険の保障を厚くすることをお勧めします。

子どもを被保険者とする子ども保険に親の死亡時や、高度障害が残った時に育英年金が付いているタイプがありますが、このタイプには注意しなければならない点があります。
育英年金は年金受け取り時に相続税の対象となるほか、毎年受け取る年金が「雑所得」として住民税と所得税の対象となる点です。

子どもの生命保険を考える際、死亡保険は必要ありませんが、高度障害を抱えてしまった時の備えをしておきましょう。
高度障害になった場合、経済的な負担は大きくなることが予想されますので、医療保険や傷害保険に加入するのはどうでしょうか。
子ども保険には高度障害に対する保障が付いていないものもありますので注意してください。
医療保険は親の生命保険に「家族特約」で付けることができる場合もありますので確認してみましょう。

どうしても子どもを生命保険に加入させたい時は、将来子どもに引き継ぐことを前提とした終身保険に加入するという方法もあります。
子ども自身を契約者として早い段階から終身保険に加入すると保険料はかなり低く抑えることができるはずです。

子どもは日常生活の中でケガが多いと思いますので、損保会社から販売されている「傷害保険」もお勧めです。
この保険で病気やケガによる入院などに備えてみてはどうでしょうか。
PR
忍者ブログ [PR]