忍者ブログ 生命保険
[10] [11] [12] [9] [22] [5] [6] [2] [23] [24] [26]

DATE : 2017/06/25 (Sun)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


DATE : 2008/05/12 (Mon)
生命保険の保障金額を大きくしてリスクに対する備えをしたい時は、保険金を増やすことができます。
生命保険の中途増額制度を利用すれば、保険期間中はいつでも変更できるようです。
定期付き終身保険であれば、主契約である終身保険、特約部分の定期保険どちらでも増額することができます。
増額した分の保険料は、その時の契約者の年齢と保険料率によって計算されます。
また、保険金を増額するときには新たに診査と告知が必要になってきます。
中途増額制度の特徴として、増額した部分の保険金はアップしても他の部分は増額前と変わらない、ということがあります。
そのため、金利の高い時代に加入した終身保険を増額したい時は、一度解約して加入し直すよりも中途増額制度を利用して増額するほうが、はるかに有利ということになります。 
子どもが誕生し、独立するまでの一定期間に限って保障金額をアップさせる人が多いようです。
このような場合であれば主契約の終身保険でなく、特約である定期部分の保険金を増額させるといいでしょう。
特約での増額であれば保険料は低く抑えることができます。

死亡保障を増額する場合、生涯にわたって必要な保険であれば終身保険を増額するといいでしょう。
しかし、子どもの養育期間のみ必要な保障であれば、定期保険部分を増額することが基本的な考え方であるようです。
生命保険会社によって増額の条件も異なってきますので、あらかじめ保険会社に問い合わせて方法を確認してみましょう。
PR
忍者ブログ [PR]