忍者ブログ 生命保険
[1] [2] [3] [4] [5] [6]

DATE : 2017/05/23 (Tue)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


DATE : 2012/01/17 (Tue)
生命保険の保険料が高く、毎月の保険料が家計に大きな影響を与えている人は多くいると思います。
生命保険の保険料がきつくて家計が苦しいということは「保険貧乏」と呼ばれています。
保険貧乏にならないためには、どのような点に注意すればいいのでしょうか。

基本的な姿勢としては、生命保険は最低限度の保障をカバーするものとし、余裕の資金は貯蓄やローンの返済にまわすことであるようです。
そもそも生命保険はお金の無い人が、万が一の事態に備えておく保障システムです。
貯蓄が十分にあり、いざという時にもそのお金でまかなえるのであれば、生命保険に加入する必要はないからです。

一般的な生命保険の支払い額は、月収の10パーセントはら15パーセントぐらいが目安といわれています。
この範囲内で無理をせずに選択したらどうでしょうか。

生命保険は若い時に加入したほうが保険料は安いと言われます。
終身保険などでは、払い込み総額や毎月の保険料は年齢によって大きな差が出てくるようです。
しかし、保険の種類によっては若い時から加入すると払い込み総額が多くなってしまうこともあるようですので注意が必要です。

医療保険は中高年になってから加入すると、健康状態によって多額の保険料がかかるケースもあります。
しかし、定期保険などのように多額の保障を目的としたものは結婚してからでも遅くないでしょう。
保険料が安くても必要の無い保険を買うことはないと思いますし、保険料が安いのであれば必要な期間に必要な保障額だけ加入すればいいのです。
PR
忍者ブログ [PR]