忍者ブログ 生命保険
[6] [2] [23] [24] [26] [4] [28] [7] [8] [27] [1]

DATE : 2017/08/18 (Fri)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


DATE : 2008/04/24 (Thu)
生命保険には、いろいろなタイプの特約を付けることができます。
生命保険加入時に、保険会社の外交員に進められたまま、内容を詳しく理解しないまま加入してしまった人も多いと思います。
生命保険の特約を選ぶときには、保障内容をよく確認してから、本当に必要な特約に加入するようにしたいものです。
特約は主契約の保障を補うもので、疾病関連、傷害関連、災害関連などがあります。

災害関連の特約に関しては、見直しは簡単にできるようです。
災害に遭遇する確率は加入者の年齢には関係ないので、診査や告知も必要ありません。

傷害特約も100万円単位で増額したり付加したりできるようです。
ただし、主契約の保険金額を超えることはできません。
疾病関連の特約を付加したり増額したりする際は、見直し時に診査や告知が必要となってきます。
この時に保険料は、見直し時の年齢ではなく、加入時の年齢で計算されます。
そのため、加入時から見直し時までの差額保険料を責任準備金として一括または保険料に上乗せして払わなくてはなりません。
責任準備金の金額によっては別の医療保険に単体で加入したほうが、保険料を安く抑えることができるケースもあるので、検討が必要になってきます。

医療保険にはさまざまなタイプがあり、どれでもいいから加入しておけばいい、という気持ちになります。
しかし、健康保険などの公的な保障もありますので、そのことも頭にいれて検討しましょう。
入院給付金は、サラリーマンであるならば1日あたり5000円で十分ではないでしょうか。
PR
忍者ブログ [PR]