忍者ブログ 生命保険
[16] [19] [17] [18] [10] [11] [12] [9] [22] [5] [6]

DATE : 2017/10/18 (Wed)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


DATE : 2008/05/24 (Sat)
50歳くらいになると子どもが独立することが多くなりますので、妻の生活保障以外は必要なくなると思います。
50歳からは老後を迎える準備に入るということで、余分な死亡保障を老後資金に回す転換期となるのです。
そのため、子どもが独立した時点で生命保険を見直すことが必要になってきます。
生命保険を見直す時のポイントは、余分な死亡保障を削り、その保険料を医療保険に回したり、老後のための貯蓄に回したりすることにあるようです。
終身保険は、解約返戻金を原資として個人年金として受け取ることができます。
この原資が大きければ大きいほど長期間にわたって年金を受け取ることができます。
終身保険から個人年金保険への切り替えを考えている人は、解約返戻金がどのくらいで、年金受給額がいくらくらいになるのか確認しておきましょう。
ただし、終身保険から個人年金保険に切り替えた時点で死亡保障が消滅してしまうことは頭に入れておきましょう。 

金利の低い時期では個人年金保険のメリットは薄いようです。
個人年金保険のような貯蓄性の高い保険は、金利の低い時期に加入しても利回りが悪いからです。
金利の動向など、社会の情勢にあわせて個人年金保険に加入することをお勧めします。

定年まで待って、退職金を使用して個人年金保険に加入する方法もありますので、あせって個人年金保険に加入しないように注意しましょう。
老後に対する備えは個人年金保険ではなく、貯蓄でまかなう方法もあるということを考慮してください。
PR
忍者ブログ [PR]