忍者ブログ 生命保険
[19] [17] [18] [10] [11] [12] [9] [22] [5] [6] [2]

DATE : 2017/05/23 (Tue)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


DATE : 2008/05/21 (Wed)
結婚から始まり、子どもが誕生して進学するようになると、教育費用もかかるようになります。
年々家族に対する責任が増していくことから、40歳くらいの人は生命保険の保険料を多く支払っていることと思います。
しかし、40歳くらいから子どもの成長に合わせて生命保険も見直していかなくてはなりません。
子どもが高校生くらいになれば、将来必要とされる教育費用も見えてくることでしょう。
この時、高額の死亡保障は必要なくなってきます。
子どものために加入した定期保険は解約し、その保険料を貯蓄に回すことをお勧めします。
長期の定期保険であれば、解約返戻金が支払われるタイプもあるようです。

終身保険など、貯蓄性のある保険は解約してはいけません。
解約返戻金のある終身保険は自分の老後を支える資金となる財産となりますので、途中解約はお勧めできません。
途中で契約を転換すると今まで培ってきたメリットが消滅してしまいます。

老後への備えとして個人年金保険に加入する人もでてきます。
個人年金に加入する際は、保険料の支払いに無理が生じないように注意してください。
個人年金に加入する代わりに貯蓄して、子どもが独立後に、その資金を頭金として個人年金保険を購入するという方法もあります。
子どもがおらず、夫婦ふたりだけであるならば、終身保険を増額して老後に備えることもいいでしょう。

基本的な考え方は、子どもへの保障から自分の病気や老後の保障へとポイントを移していくことにあるようです。
PR
忍者ブログ [PR]