忍者ブログ 生命保険
[22] [5] [6] [2] [23] [24] [26] [4] [28] [7] [8]

DATE : 2017/10/18 (Wed)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


DATE : 2008/04/30 (Wed)
生命保険の主契約について、保障の足りない部分を補うものとして特約というものがあります。
生命保険に加入している人の多くは特約もオプションとして付けているのではないでしょうか。
保障を厚くしたり、保障の幅を広げたりする際には有効な方法で自分のライフスタイルに合った保険を作ることが可能となります。
特約は比較的安い保険料で入ることができることが特徴のひとつとして挙げられます。
主契約の保険に割り増し料金を払う程度で加入できるのです。
ただし、特約はあくまでも主契約の生命保険を補うものであるため、いくつかの注意点があります。
まず、主契約の保険終了後に特約だけを継続して続けられないということがあります。
主契約の保険期間が終了してしまうと、特約も自動的に終了してしまいます。
例えば、60歳までの定期保険に医療保険を特約として付けたタイプの保険では、60歳になると医療保険も終了してしまうのです。
また、単体の保険として保障を買う場合よりも保障の上限が低い場合もありますので注意が必要です。
そして、特約の多くが掛け捨ての保険であるということです。

医療保険のような途中でなくなると困ってしまうタイプの保険を特約として選びたい場合、定期保険に医療特約を付加することは避けたほうがよさそうです。
このような場合は、終身保険に医療特約を付加して、特約期間が終身まで更新できるようにしておくといいと思います。
医療特約では保障内容が不安であるならば、特約ではなく保障内容が充実している単体の医療保険に入るのはどうでしょうか。
PR
忍者ブログ [PR]